家と風水

超簡単!玄関をちょこっと見直すだけで風水UP


玄関をちょこっと見直すだけで風水UP

いざ風水を取り入れよう、と思っても、一体どこから始めたらいいの?いいと言われていることは全てやらなくてはダメなの?という疑問が沸き起こり、結局「風水って何だか面倒くさい…」と挫折してしまう方も多いのではないでしょうか。

けれどもそれはもったいない話です。できることから少しずつやる、それだけで十分なんです。まずは風水学上で一番重要と言われている玄関だけでも初めてみませんか?

玄関が一番大切?良い気をたくさん取り込もう

全ての気は玄関から。

風水学上で一番重要視されている玄関ですが、それには理由があります。風水とはそもそも気の流れを整えて運気をアップさせる、というのが基本です。“気の流れ=人の流れ”。全ての気は玄関から入ってくると言われており、その玄関の気が滞ることによってすべての運気が下がってしまうことになります。

とりあえず玄関さえ押さえておけばOK!

つまり玄関は家と外の気の流れを作る一番重要な部分なのです。風水の先生によっては、“「玄関さえ押さえておけばだいたい大丈夫」”という人もいるほどです。というわけで玄関の気の流れをよくし、超簡単に運気をアップさせてしまいましょう!

ゴミなんて言語道断!清潔にすればするほど運を呼び込める

何よりも清潔を保つことが大事!

鬼門に玄関を作るなというのは風水学上でよく言われることですが、方位よりも大切なのが、玄関を常に綺麗に保つことです。玄関を汚くしているとそこに気が滞り、いい気を家に取り込むことができません。つまり家の“どこよりも一番綺麗にする必要があるのが玄関”なのです。

特別な掃除の仕方ってあるの?

「掃除はちょっと苦手で…」という人も、運気を上げるためにちょっとだけ玄関の掃除を頑張ってみましょう。玄関の見えている部分はもちろんですが、下駄箱の中などの見えていない部分までなるべく綺麗にしましょう。

塵や埃がなくなったら“塩水で絞った清潔な雑巾で拭く”ことにより、玄関の悪い気を浄化することができます。

玄関に足すと良いアイテム悪いアイテム

開運!このアイテムは絶対に玄関に置きたい!

玄関を清潔にしたら、次は風水学上絶対に置いておきたい玄関グッズについて考えてみましょう。まずは“観葉植物や花”などです。色々な人が出入りする玄関は気が乱れがちですが、植物は気を整えてくれる役割を果たしてくれます。

また“玄関マット”を置くことによって悪い気を払ってくれる効果があります。暗い色のものより明るい色の方がよりいいでしょう。もちろん使いっぱなしの汚いマットは言語道断です。

このアイテムは絶対に置いてはダメ!

逆になるべくなら置いておきたくないアイテムというのもあります。それは意外かもしれませんが、“人形やぬいぐるみ”です。これらはせっかく玄関から入ってきたいい運気も吸い取ってしまいます。

また“段ボールや古新聞”などを玄関に置きっぱなし…という家もよくみかけますが、これらも悪い気を貯め込むためオススメしません。

それから“濡れた傘”を玄関に置きっぱなしにすることも運気を下げます。雨の日は傘置きを外に置くか、家の中に濡れた傘を持ち込まないようにしましょう。

植物を置くことはオススメですが、“ドライフラワー”はすでに死んでいることから、悪い気を呼んでしまうので注意しましょう。

盲点だった!?表札はしっかりつけること

意外!?玄関の表札と風水の関係。

玄関の位置や清潔さの他に、意外と見落としてしまいがちな風水上重要なポイントがもう一つあります。それは玄関の“表札”です。表札はいわば“家の名刺”のようなものです。表札の無い家は家主がないものとみなされ、いい運気が素通りしてしまうと言われています。

どんな表札にすればいいの?

一番いいと言われているのが、縦長の長方形の木の板に、家主のフルネームを黒字で浮彫にするというものです。昔からある家でよく使われるものですね。

ですが今は家の在り方も様々です。洋風の家に木の板の表札ではちぐはぐになってしまい、それはそれで運気を落とすと言われています。自然素材のものがいいとか、ガラスや陶器はやめた方がいいとか、細かいことを挙げればキリがありませんが、“その家に合ったものである”、というのがまずは大前提です。

まとめ

風水で一番重要とされている玄関についてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか。なるべく簡単にできるものを挙げてみたので、是非とも今日から初めてみてくださいね!

ちなみに、玄関以外にも、インテリアと風水の関係を知りたい方は、こちらの記事がおすすめです。

インテリアと風水には深い関係がある